国産家具にこだわってる訳


なぜ大川家具ドットコムは
国産家具にこだわっているのか

私どもはネット販売と、小売店への家具卸売を兼業しています。
小売店への卸売では、当然国産家具を扱っていますが、輸入商品も扱っています。

が、国産家具、輸入家具両方とも扱っていて、クレームが多いのが
圧倒的に輸入家具です。

具体的には、家具の金具が錆びていたり
(湿気、塩分の多い海上に長期間居るので当然)

各扉の色が違っていたり、大きな傷があったり
(各国民性のモラルの問題)

引き出しを開けたら変なにおいがしたり
(長期輸送の為、防虫剤、防腐剤を大量に使う為)

とにかくクレームが多いのが圧倒的に輸入家具です


また、私どもが感覚でおかしいと思っていた輸入家具の実態を証明するものとして、
週刊新潮の記事がありました。


週刊新潮2008年2月21日号31ページ
caikagu.jpg クリックすると拡大します
【食品より怖い「漢方薬」「中国製家具」】
日本では害のある有機溶剤やホルムアルデヒドの濃度がガイドラインで厳しく規制されてますが、
中国の家具には それらを非常に多く含んだ塗料が使われてることがままあり、
日本には木材家具の輸入に関する法的規制が特に無い為、
危険な家具がそのまま売られてるケースがあるわけです。
ということです。


と、とにかく小売店からのクレームが多く、薬品の規制が無いのが輸入家具です。

小売店さまへは、毎週ルート営業していて、不良家具があればすぐに交換など
できるので、小売店さまには輸入家具をお出ししてますが、
宅配便などで送るネット通販については、お客様の返送の手間などを考え、
安心してご購入いただける国産家具専門にこだわりたいと思っています。

実際、一部のネット家具通販業者は、輸入家具は完全梱包で海外から輸入される為、
中身のチェックもせずそのままお客様へ発送しているところもあります。
そして、お客様が商品を確認したら傷物だったりしても、大きな物なので
返送するのが大変で返送できずに泣き寝入りしている方もおられます。

私たちはそういうことが起きない様に、国産家具にこだわり、発送前の検品もしっかり行っていきます。


そして、何より私が生まれ育った大川市では、約460年前から家具が作られ続けています。
そういうモノヅクリの文化は外国へ行き指導しても、形が出来上がるだけで、
物に対するこだわりとかが無いように思います。

商品がどうやって生み出されているのか、日本のモノヅクリ文化は、
日本人のアイデンティティーの根幹だと思っています。
そんなモノヅクリに触れ、私たちが住んでいる、或いは生れ育った地域に対し、
誇りと自信を持って大川家具をお勧めし、お納めする。
それが私が生まれ育った地域に、またお客様に対する誠意と思っております。


以上、お客様が家具を購入する前に知っていただきたいことです。
家具という長く使い、生活に大きく関わるもの。
職人が丹精込めて作った家具を使って頂きたいそういう想いです。



国産品を安く出来る理由

↑ PAGE TOP