角を丸めたハードメープルテーブル材ダイニングテーブル新規発売開始

この度株式会社大川家具ドットコムはハードメープルテーブル材の
角を丸めたダイニングテーブルを新規発売開始しました。

日本の都会の住宅事情を考え、狭いダイニングだからこそ明るめでサイズが選べる上質なテーブルが欲しい
というニーズにこたえるため、
明るいハードメープルテーブル材を使用し、国内生産でサイズ変更が可能なようにしました。

まだ、食事をとったり、家族団らんの場のダイニングテーブルですから、
シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドなどの放出等級が最高ランクの
F☆☆☆☆の基準で作成しています。

基本サイズは
130×80、150×85、160×85、180×90、200×90センチを用意。
このサイズ以外でも1センチ刻みでサイズ変更可能ですし、
円形や半円形も対応できます。

詳細はこちらから
RTハードメープル無垢テーブル150センチ×85幅天板30R溝なし
RTハードメープル無垢テーブル150センチ×85幅天板20R溝なし

Please follow and like us:

ブラックチェリー無垢材の特注カップボードを納品

今日は中学校の同級生から特注家具を依頼されての納品でした。

オーダーいただいたのは、ブラックチェリー無垢材のカップボードと、
壁固定の棚。

背板以外すべてブラックチェリー無垢材で作成し、
サイズも指定サイズピッタリに作成しました。

壁取り付けでマンションの大工さんが言った下地の位置に
下地が入ってないというトラブルもありましたが、
別の位置に下地を見つけて無事取り付けることができました。

すべて無垢で作っているので、汚れやへこみができても味になりやすく、
補修も簡単にできるので、一生使っていただけると思います。

ブラックチェリー無垢カップボード サイズオーダー受注品
ブラックチェリー無垢カップボードと壁取り付け棚 サイズオーダー受注品

Please follow and like us:

ハードメープル材テーブル展示開始

弊社ショールームに新しい家具が仲間入りしました。

RTダイニングテーブルのハードメープル材です。
これは別注で角を丸く仕上げています。

ハードメープル材といえばボーリングのピンやレーンに使われる硬い木で、
木肌も美しく個人的にも好きな材です。

このテーブルにもハードメープル材の特徴の杢が出ていて、
天然木の息吹を感じられます。

この杢は天然木だから出るもので、
よくあるシートの木目に出している杢はいわゆるなんちゃって杢ですから、
それまで印刷して再現するか。

と個人的には思ってしまいます。

このテーブルはすべてハードメープル材で作っていますので、
天板裏の反り止めや幕板、脚もハードメープル材です。

リーブス150×85センチハードメイプル材ダイニングテーブル【国産家具】【完成品】【宅内設置】
リーブス150×85センチハードメイプル材ダイニングテーブル

Please follow and like us:

天然木性ランプシェード新規発売開始

今回は家具ではないのですが、
家具の街大川ならではの商品を新規発売開始しました。

天然木突板をランプにした
天然木ランプシリーズです。

突板とは、天然木を大根のかつら剥きみたいに薄くスライスしたもので、
シートやプリント版などの印刷物とは全く違う質感があります。

その突板を透明樹脂で強化し、ランプシェードにしたものです。
お部屋の雰囲気が一気に柔らかい感じになると思います。

今回はカバ桜と杉材のランプシェードです。
今後もランプ商品を増やしていこうと思っています。


ツツ(ランプ付き) カバ桜天然木突板照明


ツイスティ国産杉天然木突板照明(ランプ付き)

Please follow and like us:

異業種、異地域交流を重視しています

面白いもので、意識していると情報が入ってくるといいますか、
この1か月くらいで、こういうサービスが欲しいという要望を
いろんな人から聞きました。

これも、もちろん、他業種、他エリアの人たちから。
決して同業者と話していてもこういう話は出てきません。

私たち家具業界と違うところから思いもよらない需要が出てくるというのは
よくあることで、木製品ならどういうものでも作れる。
といわれている大川を代表して他業種、他地域との交流に出ているのですから、
需要は向こうから勝手にやってきてくれる。
というのを信条に、いろんなところに顔を出しています。

Please follow and like us:

大川家具ドットコムメールマガジン20180514

先日大川市内でゴザの染色をされている方が、
弊社のショールームで商品の写真撮影をされました。

聞けば地域の卸やさん向けにゴザ製品を作っているとのこと。
ゴザの品質にはかなり自信があるようでした。

弊社でも取り扱わせていただけないかと打診したところ、OKをいただきましたので、
近日中にゴザ製品の商品をアップできるかと思います。

イグサはすべて国産のイグサで、
イグサがいいので染色もものすごくいい発色をするみたいです。

-目次——————-
1.新商品情報
 ・北欧家具みたいな取っ手がおしゃれなナタリーシリーズ

 ・日本の気候に合った組子すのこベッドシリーズ

 ・アッシュ天然木を使ったシンプルなダイアナシリーズ

2.家具屋として家具などの湿気対策

3、6月15日~19日は社外研修です

————————

1.新商品情報

・北欧家具みたいな取っ手がおしゃれなナタリーシリーズ
北欧のビンテージ家具に多いネコ手形の取っ手がおしゃれな家具シリーズです。http://c16.future-shop.jp/fs/okawa/GoodsSearchList.html?_e_k=%82%60&keyword=%83i%83%5E%83%8A%81%5B&x=7&y=5&utm_source=mail&utm_medium=mailmaga&utm_campaign=20180514

・日本の気候に合った組子すのこベッドシリーズ
組子になっている利点は何かというと、
布団との接地面を小さくでき、布団がかびにくくなるということです。
これから湿気やカビが気になる季節、布団は清潔にしておきたいですね。http://www.coordinatekagu.jp/fs/okawa/wk001bd11100kr00?utm_source=mail&utm_medium=mailmaga&utm_campaign=20180514

・アッシュ天然木を使ったシンプルなダイアナシリーズ
形状は直線を基調としたシンプルな形状。
アッシュ材のそろった木目を生かすためにしつこくないシンプルな形状になっています。
お部屋をシンプルだけど木質感のあるインテリアにしたい方にお勧めです。http://c16.future-shop.jp/fs/okawa/GoodsSearchList.html?_e_k=%82%60&keyword=%83_%83C%83A%83i&x=0&y=0&utm_source=mail&utm_medium=mailmaga&utm_campaign=20180514

———————–

2.家具屋として家具などの湿気対策

最近九州地方は雨が多く、じめじめした気候が続いています。
先日緑のカーテンでゴーヤとパッションフルーツを植えたのですが、
日照時間が短いからかなかなか成長しないです。

6月になると梅雨になり、ますますじめじめとした気候が続きます。
そうした気候では、タンスやクローゼット内、マットレス内部などに
湿気が溜まりやすくなっています。

湿気が溜まっていると、嫌なにおいやカビが発生しやすく、
不快な室内になってしまいます。

そうした中、家具屋として家具などの湿気対策をご紹介します。

基本的には空気が動いていれば湿気も動くので、
空気の通り道を作ってあげることが大事です。

家具のリクエストをされるときに、たまに巾木除けを付ける場合があります。
巾木除けを付けると、巾木の奥行分背面の板をカットするので、
家具を壁にピッタリ付けることができますが、
壁にピッタリつけるということは、空気を密閉することになります。

そうすると、空気が動かなくなって湿気が溜まりやすくなりますので、
巾木除けをされている場合はこの時期だけでも壁から離して設置すると
湿気もたまりにくくなります。

また、空気を動かすという意味でも梅雨の時期は梅雨の晴れ間に
引出しや扉を少し開けて扇風機などで空気を動かしていただくと
引出し内などにたまっていた湿気が抜けていきます。

簡単でしたが梅雨時期のタンスの湿気対策でした。

———————–
3.6月15日~19日は社外研修です

上記の期間は社外研修のため電話対応、出荷作業ができません。
6月13日以降のご注文は出荷が20日からになりますので、
ご注意ください。

------------------

ゴールデンウイークはいかがお過ごしでしたか?
私事ですが、後半4日の休みをいただいてプサンに行ってきました。

始めてのプサンでしたが、ビーチがあって
市場もたくさんあり、とてもいい雰囲気の街でした。

福岡からも飛行機で50分でついて、
大阪や東京に行くよりも早く着きます。

また行ってみたいと思いました。

メールマガジン登録はこちらから
https://17auto.biz/okawakagu/registp.php?pid=2

Please follow and like us:

プサンゴリラブリューイング・BusanGORILLA BREWING

プサンのゴリラブリューイング。
2件となりに併設されているビアパブがあり、
そこで、ゴリラブリューイングのビールとゲストビールが楽しめます。

1杯目飲んだのは、1番のゴリラIPA

IPAらしいホップのフルーティな香りと苦みがおいしい。

2杯目は、
同じくゴリラブリュワリーのレッドX IPA

ちょっと麦芽を炒ってるのかな?
レッドエールのIPA版
これもおいしかったです。

韓国は結構クラフトビールが盛り上がってます。
こういう楽しみがある旅行はいいですね。

しかも今回は泊りがすぐ近くのホテルでした。

今回のホテルの周りにはナッチポックンがおいしいところも周辺にあって、
なかなかよかったです。
クァンアルリ ホテル 1, 釜山

Please follow and like us:

2018年GWプサン2日目甘川文化村

プサン2日目。
朝は起きた瞬間こういう景色でした。

クァンアルリ ホテル 1, 釜山

ホテルの目の前はこんな感じです。

実質プサン観光1日目はやはり市場関係。
ということで、国際市場と富平カントン市場、チャガルチ市場に行きました。

私は旅行するときはほぼタクシーなどは使わずに、現地の公共交通機関を使います。
プサンでも地下鉄やバスで移動したのですが、
その時に役に立ったのがTマニーカード

日本のSuicaなどみたいにカードをタッチするだけで改札など通れますので、
いちいち切符を調べて買う手間がなく楽でした。

こういうのは勝手知ってる町より、知らない町だと利便性がかなり増しますね。

87番のバスに乗り

甘川文化村に到着。

グーグルマップで甘川文化村の行き方を調べると、
87番のバスを案内することが多々あると思いますが、
韓国ではグーグルマップがあまり使えなく、
徒歩の時間を直線距離で案内します。

なので、87番のバスを降りて徒歩6分の案内ですが、
バスを降りてみると

こんな急こう配を10分くらい歩き続けます。

甘川文化村に行く場合は、麓からこの辺りのバスを使った方がよさそうです。

甘川文化村は
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
釜山のマチュピチュと称されるわけ、それは入り組んだ路地が迷路のようにみえるため。
町おこしのプロジェクトの名前もマチュピチュプロジェクトとつけられているほど。
観光地としてこの集落を作ったのではなく、
もともと朝鮮戦争の際に北朝鮮側から戦争を逃れるために逃げてきた避難民たちが住居を求めて集落を作ったことが始まりとか。
山肌に沿って家屋が立ち並び、いくつもの歩道も入り組んだ街が形成されています。
この景色に惹かれた美術家や写真家などが村にアートギャラリーをつくり始め、
2009年から始まったマチュピチュプロジェクトにより、甘川洞文化村(カムチョンドンムナマウル)という新しい観光名所になりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
プサンナビより

谷に囲まれた町がカラフルな色になっています。
谷に囲まれているので、いろんな角度から見ることができ、
長めがいいところにカフェなども多数あるため、
この眺めを見ながらゆっくりするのもいいでしょう。

Please follow and like us: